法律に基づくハト駆除で環境改善 - 自分でハト駆除をするなら・・・

法律に基づくハト駆除で環境改善

人間にとって迷惑な動物はネズミやカラスだけではありません。
平和の象徴とはいえハト駆除も社会的に関心の高い事柄となっています。

鳥類はただでさえ増えやすく、環境への適応能力も高い動物です。しかもレースやイベントで飼われていたものが無責任に放されていますから減るどころではありません。

個体数が多い地域では抜け落ちた羽や糞によって、深刻な環境汚染が広がっています。
将来はインフルエンザの感染源ともなることが懸念されておりハト駆除の必要性は高まる一方です。



しかも鳥獣保護法というものが、かえって害獣の繁殖を許している現状もあります。このため許可なくハト駆除を行うことは法律違反です。


それどころか捕獲することも許されず、たとえ迷惑行為を繰り返されようと黙って耐え忍ばなければなりません。しかし人には常に解決法というものが用意されているものです。ハト駆除に関しても専門家の協力を仰げば問題なく行うことができます。



基本的に効果的な方法で追い払ったり、卵や巣を発見して対処してくのがプロのやり方です。



もちろん鳥獣保護法をはじめとした法律を遵守していますから違反に問われることもありません。

鳥類は極めて賢いために素人が対策しても、すぐに効果が薄くなってしまいます。


それだけに万全の準備と豊かな知識を揃えて一気に勝負を決することが必要です。

ハト駆除を考えているなら専門家へ真っ先に相談して、清潔で平穏な環境を取り戻していきましょう。