水漏れ修理はまず原因の特定を

住居の中でも風呂場やトイレ、キッチンなどの水を扱う場所は、特に傷みやすい傾向があります。こういった場所は毎日の生活に欠かせず、家族が入れ代わり立ち代わり利用するため、負担も大きくなるためです。水回りで特によく起こるトラブルが水漏れ。キッチンや洗面所の蛇口をしっかり閉めてもポトポトと水が落ちる、トイレのタンクの接続パイプから水が滲みだしている、お風呂のパイプの接続部から水がしみ出しているなど、トラブルのパターンは数多く存在します。

こういった水漏れトラブルが起こる一番の原因は老朽化によるものです。放置していると劣化が進み、ひどくなる可能性が高いので、水漏れに気づいたら速やかに修理する必要があります。修理の際は、まずは原因を特定することが必要です。ひと口に老朽化といっても、パッキンなどの内部パーツが劣化しているのか、水道管が破損しているのか、内情は異なります。

また、排水管のどこかがつまっている可能性もあります。内部パーツが劣化しているだけなら、ホームセンターで新しくパーツを購入してきて交換すれば良く、自力で修理することも可能です。しかし、水道が破損しているのであれば、自分で直すのは難しく、専門業者に依頼することが必要となるでしょう。自分で直すか業者に頼むかを判断するためにも、原因を特定することが大切です。

パイプの接続部から漏れてる場合は、まずはナットなどの緩みをチェックしましょう。きつく締めて漏れが止まればそれで修理完了です。それでも漏れるなら、元栓や止水栓を閉めてからパッキンなどの内部パーツの確認を。パーツの劣化が原因なら、交換で直ることがあります。

また、排水管を掃除してみたら詰まりが解消して漏れが止まるケースも。それでも水漏れが止まらない、あるいは原因が特定できないのであれば、信頼できる業者に相談することをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *