トイレの水漏れ 主な原因と対処法

トイレは使う水の量が多い為、水漏れが起こってしまうと緊急を要する事が多いです。放っておくと、水道料が跳ね上がってしまったり、床が傷んだり、または他の階の住人にまで迷惑がかかってしまう事も考えられます。では、いざ水漏れが起こった時にはどのように対処すればいいのでしょうか。これは、起こる箇所によって異なります。

【ウォシュレット】最近の温水便座洗浄は精密機械並の機能をもっている為、単なる水漏れではなく、機械の故障の可能性があります。つまり、素人による修理は困難であるにもかかわらず自力で修理しようとした結果、かえって大きなトラブルに発展してしまうケースが多いようです。なので素人判断ではなく、速やかに業者に見てもらうのが良いでしょう。【トイレタンク】トイレの水漏れで一番多いのが、フラッシュ用に貯水されたトイレタンクのトラブルです。

具体的には、レバーが元に戻らず水が出っ放しになる、常に小さく水が流れていて止まらない、タンクの水が中々溜まらない、等のトラブルです。一旦漏れてしまうと止まらない為最も厄介です。「漏水の疑いがあります」等の連絡が水道局からあった場合は真っ先にトイレタンクを確認し、もし水漏れが見つかったら直ぐに止水栓を止め、早めに業者に連絡しましょう。【トイレの床】考えられる原因は、タンクや便器にヒビが入っている、便器と配管との接続部分の不具合、給水パイプの破損等です。

便器を外したり、便器を取り替えたりと専門の知識と技術が必要なので、応急処置後、早めに業者に連絡するのが良いでしょう。【便器】主な原因は結露とヒビ割れです。便器自体にヒビが入っている場合は、その大きさによっては便器の交換が必要となります。ウォシュレット部分と同様、自力で修理しようとして故障、というケースがあるようなので、すぐに業者に見てもらいましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *