トイレの水漏れの原因

最近水道代が高くなってきたという時は、どこかから水漏れしていないかチェックする必要があります。水回りは使用年数によって劣化していくため、定期的に確認することが大切です。中でも困ってしまうのが、毎日必ず使用するトイレからの水漏れです。トイレの水漏れの原因は、どこから水が漏れているのかによって異なります。

その中でも比較的簡単に確認できるのが、パイプの継ぎ目からの水漏れです。パイプの継ぎ目から水が漏れている場合の主な原因は、ナットのゆるみや内部パッキンの老朽化です。作業は必ず止水栓を閉めてから行います。まずはナットのゆるみを確認し、ゆるんでいるようであればスパナやモンキーレンチを使ってナットを締めます。

これで水漏れがおさまるようなら単純にナットのゆるみが原因だったということなので、止水栓を開いて通常通り使用できます。ナットの状態に問題がない、もしくはナットを締めても水が漏れているようならば、内部パッキンの老朽化が考えられます。パッキンを交換する際は、内部に溜まった水で床が水浸しになることを防ぐために、バケツなどを置いてから作業を開始します。この際、止水栓がきちんと閉まっているかも忘れずに確認してください。

ナットを外して内部のパッキンを交換したら、止水栓を開けて、水が漏れていないかの確認をします。パッキンの交換には簡単ではありますが分解が必要になるため、ナットに合うスパナやモンキーレンチがない、適合するパッキンがわからない、元の状態に戻せるのか不安などという場合は、専門業者にお願いするという方法もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *