マンションの水漏れトラブル

快適な住生活を送る上で、水漏れは厄介な問題です。一戸建ての場合は自分たちで修理をすれば済みますが、マンションでは単純に解決しません。一般的に水は下に流れるので、上階が原因と考えられます。しかしマンションの配管や構造によっては、真上の部屋ではなく遠く離れた場所が原因となることがあります。

水漏れは配管の通気が悪くて結露水が溜まったり、屋上防水の不備で溜まった雨水が漏れ出したりして引き起こされます。また浴室やキッチンなどの水回りに施された防水処理の高さを超える位置で水を使ったなど、マンションの利用者に問題があるケースもあります。明らかに特定の部屋によって水漏れが発生した場合は、個人の責任になります。さらに共有部であるバルコニーや廊下に設置した洗濯機の故障が原因でも同様です。

ただし、マンションの配管部分が原因であると分かれば、マンション管理組合で修理します。マンションによっては床下に共用の配管を通していることがあり、この部分の故障は被害の有無にかかわらず、修繕工事に参加しなければなりません。マンション管理組合では、このような事態に備えて、火災保険やマンション保険に加入しているので、保険料で補填することができます。ただし個人を対象とした賠償責任保険はありません。

よってマンション管理組合の保険に入っていない状態で、個人の責任で周りの居住者に被害を及ぼすと、損失額を自己負担する必要があるので、注意します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *