住宅の水道管の水漏れにご注意

住宅の水道管の水漏れを経験したことはありませんか。住宅の水道管は築20年以上経過しているのなら一度点検されてはいかがでしょう。洗面台の蛇口から茶色の水が出たりするようになれば交換の時期かもしれません。水は漏れてないから大丈夫とお考えの方は多いと思いますが、使用した覚えもないのに下水道代が近頃妙に多いような気がする、水道の元栓に近い壁や床、洗面台の奥などがカビている、あるいは水道の元栓から変な音がしている等の症状がある場合は古い水道管に亀裂が入り危ない状態になっていることが多いのです。

そのような症状を感じている場合は是非一度点検しましょう。そのまま放置するといつ大きな水漏れが起こるかわかりません。被害が大きくなってからでは家の床下や、水道管の配管近くの壁などがカビたり腐ったりし、更に修理する箇所が増えてしまい、余計な出費が増えることも有ります。配管を取り換えるようなことになったとしても工事は半日くらいで済み、かえって水道代が少なくなることも多いです。

築20年以上の住宅の配管は鉄でできていることが多く、腐食して赤錆が発生して劣化していきます。鉄の配管は寿命が20年程度といわれ、そこから先は何時水漏れを起こしても不思議ではない状態になっているのです。現在多く使用されている水道管は樹脂製のものがほとんどで一度取り換えてしまえば水漏れすることはありません。被害が大きくなる前に交換することをお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *