蛇口の水漏れの原因と対処法

蛇口に関する水漏れには、様々な原因があり自分で対処することも可能です。まず、蛇口の先から水漏れしている場合です。原因は、蛇口がハンドル式かシングルレバー式かで異なります。ハンドル式では、まず止水栓で水を止めて、スパナでハンドルを取り出します。

その下にあるバルブも取り出し、バルブ部分を掃除すれば改善することが多いです。それでも直らないときは、バルブを交換する必要があります。蛇口の分解ができれば交換自体は簡単なので、自分で修理することが可能です。一方シングルレバー式はバルブを取り出しますが、部品交換の可能性が高いです。

またハンドル式より分解が難しいので業者に依頼する方が安心です。次に、蛇口周辺の水漏れです。どの部分から水が出ているかで、原因や対処法が異なります。ハンドル下からの水漏れは、バルブが故障していると考えられます。

バルブを取り出して部品交換を行います。また水が通る部分で、蛇口を動かすと一緒に動くスパウトからも水漏れをすることがあります。この場合は、分解して内部を確認します。パッキンが汚れていたら、表面を水洗いして掃除します。

続いてカートリッジの押さえをしっかり締めます。またスパウト自体が故障していることもあるので、内部にキズがないかチェックします。最も可能性が高いのがパッキンの汚れですが、汚れを除去しても改善しなければ、パッキンを交換します。同様にスパウトの下に不具合が生じても、パッキンに原因があることが多いです。

水漏れつまりのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *