蛇口の水漏れの対処方法

水関係のトラブルは予測なく突然発生することが多く、大量に吹き出た場合など慌ててしまいます。万が一水の噴出を防ぐため、一軒にひとつ必ず設置されている止水弁の場所を確認しておく必要があります。この止水弁は水の流れを完全に止めることができます。しかし、水の流出を抑えることができますが、家中のすべての水が使用できなくなります。

使用頻度の多い蛇口からの水漏れは、事前にポタポタと流れたり、水がしみ出したりすることがあるので、異変に気がついたら直ぐに対応策を考え、部品を準備した方が賢明です。蛇口の水漏れ原因の多くが、パッキンの劣化やコマパッキンの不具合によるものなので、トラブルが発生する前に部品の調達が必要です。水漏れが壁と蛇口の間から発生している場合は、配管につなぐシールテープの劣化が想定できるので、蛇口を取り外してからシールテープのまき直しを行い、確認した後に装着すれば解決します。シールテープは取り付け方向と同じ向きで巻き付けます。

この時にシールテープを多く巻きすぎると破損しやすくなるので注意が必要です。修理に必要な工具には、モンキーレンチ・ドライバー・ピンセットなどです。ピンセットは内部にあるパッキンなどを取り出すのに便利です。水漏れ事故を予防するためにはレバーやハンドルを強く閉めることは控え、必要以上に力を加えないことです。

また、水道料金が通常以上に上がった場合は、目に見えない部分の水漏れが想定されます。普段使用していない蛇口の確認やトイレタンクの点検も必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *