蛇口の水漏れを直す方法

蛇口の水漏れは少量ずつだったとしても、溜まるとかなりの量になることがあります。そのため放置してしまうと水道代が勿体ないです。できるだけ早めに直すことをおすすめします。パッキンが劣化したことによって水が漏れてくるということはよくあるものです。

そのような場合には、交換用のパッキンを購入してきて自分で直すこともできます。一般的な形状のものであれば、パッキンは一般的なホームセンターでも売られています。とはいえいくつものパーツからできている蛇口の水漏れをしている場所によって、使われているパッキンには違いがあるので、正しいものを用意する必要がある点には注意が必要です。ハンドルを閉めても少しずつパイプの先から水が漏れているときには、内部にあるケレップを交換する方法で直すか、パッキンのみを交換して直します。

しかしこれ以外にもハンドルの根元から水が漏れていたり、パイプの付け根の部分から漏れていたりする場合もあるでしょう。その場合には、それぞれの蛇口の水漏れ箇所に合った部分の修理が必要になります。蛇口の水漏れを直す場合にはモンキーレンチや水栓レンチといった、いくつかの工具が必要になります。モンキーレンチはナットを閉めたり緩めたりするのに使う工具です。

水栓レンチは部品を外すのに使用します。このような工具が無いと蛇口の水漏れ自分で直すのは難しいので購入する必要がありますが、工具を揃えたり交換部品を探したりするのが面倒な場合には、工事店に依頼するとスムーズに直せます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *