蛇口から水漏れが起こる考えられる原因

普段の生活で欠かせない場所の1つに水回りがありますが、特に台所であれば蛇口は必ず毎日使用する箇所の1つです。問題なく使用できていれば良いですが、場合によっては水漏れといったトラブルが発生する事もあります。蛇口の使用する頻度にもよりますが、水漏れ自体は放置しておくと症状が悪化してしまう可能性が考えられます。最初はぽたぽたと少量の水がこぼれてくる程度だったものが、放置した事で症状が悪化してしまい水がじゃぶじゃぶとあふれてしまう事が多いです。

水漏れを見つけた時は症状をしっかりチェックしつつ、適切に蛇口を修理することが必要になります。では実際に水が漏れてしまう際に考えられる原因を把握し、原因に合わせた対策が必要です。長年使用していることで、自然とボルトが緩んでしまう事が考えられます。その場合は緩んでしまったボルトを締め直すことで、漏れてしまった症状を改善することができます。

その他にボルト箇所などに使用されているパッキンの劣化により、隙間からあふれてきてしまう場合も多いです。パッキン自体はホームセンターなどで購入する事ができるので、新しいパッキンに取り換える事で症状を抑える事が出来ます。これらの症状であれば自分で修理も可能ですが、内部部品の亀裂が原因の場合も考えられます。その場合は自分で修理する事は難しいので、専門の業者に修理依頼が必要です。

症状を伝えて考えられる原因に対して、適切な処置をしてもらう事で改善できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *