キッチンの蛇口からの水漏れはテクニックは必要です

普通に生活を送っていても、キッチンの蛇口から水漏れを起こしてしまうことは良くあることです。新築住宅に入居したばかりの頃には不自由なく利用できますが、どのようなキッチンでも経年劣化を起こしてしまい、使用頻度にも影響しますがいつかはトラブルは起きてしまうことは避けられません。キッチンの蛇口の水漏れは、パッキン交換だけで済ませられることは多いものですが、蛇口を使い始めて10年近く経過しているような環境では、水漏れの修理で問題解決をするのではなく、蛇口ごと新品に交換することも間違いではありません。老朽化が進んだ場合は、パッキン交換を行っても、次から次へと異なる箇所から水漏れを起こしてしまうことも多いので、最新型を選択する方法は今後を見据えるとお得になる可能性も考えられます。

新しいタイプに交換するには、手の器用な方やDIYに精通している方であれば自力でも可能ですが、キッチンの場合は、シンク台下の奥側の天井付近にナットが取り付けられており、普通のレンチでは届かないことも良くあることです。非常に狭いスペースにナットがあり、更に深さがある環境では取り外しと締め付けを行える特殊な工具が欠かせません。安く工具を入手できれば自主交換も可能ですが、給水管側のパッキンの劣化を心配したり、専用の工具が高いと判断できた際には、水のトラブル解決を行う専門会社に任せた方が安心です。当然ながら専門会社では専用工具も常備しているのでスピード解決を行うことが可能になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *