お風呂をリフォームするときに押さえておきたいこと

お風呂は一日の疲れをいやしてくれるリフレッシュ空間ですから、リフォームをするのであれば快適でそれでいて安全に利用できる空間を作らなければなりません。お風呂のリフォームでまず押さえておきたいポイントは、お風呂の広さです。広さというのは湯船もそうですが、洗い場の大きさも考えなければなりません。脚を伸ばせる大きな湯船がほしいと思っても、洗い場が狭くなってしまっては使用を始めてから不便を感じてしまうかもしれないからです。

湯船の大きさと洗い場の広さのバランスはよく考えましょう。次に素材選びも大切です。例えば湯船の素材によって保温性が違いますから、家族が多い場合などは後から入る人でも沸かし直さなくても温かいお湯を保てるということはとても経済的です。お風呂自体の保温も大切で、特に高血圧の人などは温度の寒暖差が身体に大きな影響をもたらします。

ヒートショックといわれる寒暖差が原因の事故を起こさないためにも壁の素材や暖房機付き換気扇などを設置することを考えてみるのも長く安全に利用するためのリフォームのポイントになります。またお風呂は滑りやすいこともあって転倒などの事故も起こりやすい場所です。リフォームをする時には滑りにくい床や手すりなどを設置して事故が起こりづらい環境作りも重要だといえるでしょう。同時に将来のことを考えてバリアフリーについても考えてみるとうまくリフォームすることができるのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *