お風呂のリフォームの種類

いまや、住宅にお風呂は必須の設備となっています。昔の日本ではない家も多く、銭湯を使う家庭も多くありましたが、いまや賃貸も含めてお風呂のない住宅というのはかなり少ないのではないでしょうか。そんな毎日使う大事なお風呂は水周り設備でもあることからカビなども生えやすく、比較的消耗しやすい設備です。家の中でリフォームの対象となるのも、最初はこの設備であることも多いでしょう。

ただ、浴室のリフォームではやはり注意しないといけないことがあります。今回は、そんな浴室リフォームの際に注意することを解説します。まずは浴室のタイプです。浴室にはシステムバス、ユニットバスと呼ばれるものと、在来工法と呼ばれるものの二種類があります。

現在ではそのほとんどがユニットバスを使っており、これはやはり価格の安さと、防水加工の頑強さが特徴です。また工期も比較的短く済むことが多いようです。ただ難点としては、商品としての規格が決められているため、風呂のサイズや機能面などで特色を出しづらいという点があります。一方在来工法は昔ながらの浴室の作成方法をとりますので、部屋の大きさに合わせて自由に設計できるのが最大の魅力です。

こだわりのあるお風呂に入りたい、という方は在来工法を選ぶと良いでしょう。ただし、既存の規格ものを使用するわけではないので、ユニットバスを選ぶときよりもより注意を払って業者を選ばないと、後から品質に問題が出る可能性も出るので注意が必要となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *