リフォームで高齢者にも優しいお風呂にする

お風呂にはいるということは日常生活の中での極上の癒しの時間です。温かなお湯を張った浴槽に身体を沈めれば一日の疲れもいつの間にか解きほぐされてゆくことでしょう。でもそんなリラックスタイムを過ごすお風呂も長年使用しているうちにだんだんと汚れも落ちにくくなってきたり、浴槽への出入りがしづらくなってくるなど不便に感じる部分も出てくるようになります。家はそこにすむ人の成長や体の変化と共に求められる物が変わってくるものなので、そんなふうに使いに草を感じるようになってくるのも当然のことだと言えます。

不便になったらすぐに取り替えるというのは中々費用面でも簡単なことではないのですが、リフォームすることで少しでも不便な状況を解消しながら家は長くすみ続けてゆくことができるようになります。お風呂などの水周りはリフォームで新しくすることで劇的に使い易い空間にすることができます。毎日の入浴で様々な汚れにさらされ続けるバスルームは快適に過ごせる空間であると同時に日々のメンテナンスのしやすい場所であることが大切です。掃除がしやすいといったことと共に、体力の低くなった高齢者にとって安全で使い易いお風呂にすることは、同時に小さな子供にとっても安心して利用できる場所になります。

リフォームするなら出入り口の段差をなくしたり、滑りにくい床、出入りのしやすい高さの浴槽などを取り入れ、弱者に配慮した安全性の高い仕様の浴室にすることをぜひ検討したいものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *