風呂のリフォームのポイント

年月が経てばお風呂もリフォームの必要が出てきます。リフォームをすれば汚れや設備の劣化などをなくして、綺麗で便利に使うことができるようになります。お風呂のリフォームをする時のポイントとしては、浴槽と洗い場の大きさを考えて、住宅に合ったサイズの物を選んでいきます。浴槽は保温性が高く、断熱性に優れた素材を使った壁、ヒートショック対策にもなる暖房機能付きの換気扇がついたものを選べば、節電とヒートショックなどを防ぐことに繋がります。

また、近年では滑りにくい素材や必要に応じての手すりの設置、出入り口の段差やドアの隙間などがなくなっているため事故を防ぐこともできるようになっているので安全な入浴にも効果的です。ほかにも、抗菌処理や防カビ対策がされた浴槽を選び、窓や換気扇による風通しなどを考えてお風呂を設置することで掃除の手間を減らすことができるようになります。長く使うものですので、将来のことを考えて孫などと一緒に入るために複数人が入っても余裕があり、身体が不自由になったときでも身体に負担がかかりにくかったり、介護や手助けしてもらうのに十分な面積があることがおすすめです。最近では、洗濯物を干すことのできる洗濯物乾燥換気扇やミストサウナ、浴室テレビなどのオプション機能をつけることも人気となっています。

快適なお風呂タイムを過ごすにはさまざまなポイントがありますが、まずは安全を一番に考えることが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *