水漏れトラブルが起きたら修理をどうするか

家庭の水道を設置してから、トラブルなく使えるのは大体10年~15年と言われています。つまり、新築して10年経ったら徐々に水道のメンテナンスを始めなくてはいけないということですね。もし深刻な故障が起こってしまったらどうすればいいのでしょうか。自分で修理するとしたら、どうしたらいいのでしょうか。

水道は、水を通すための多くの管やパーツとそれをつなぐパッキンからなる構造をしています。水漏れの原因の多くは、パッキンの劣化です。パイプの接続部分を塞ぐために用いられるパッキンは、ゴムで出来ています。そのため、長い間水にさらされていると自然に消耗してひび割れ、破損していくのです。

パッキンは、1箇所の水道だけでも複数の種類が用いられます。水漏れが起こったら、どこにトラブルが起きているのかを調べましょう。接続部分のどこから水漏れしているか確認出来たら、故障個所の部品を交換することで修理が可能です。パッキンの代替品は、ホームセンターなどで購入出来ます。

型番などが分かれば、簡単に取り付け直すことが出来ます。しかし、パイプ事態の破損などの重篤なトラブルの場合には自分で修理を施すことは難しいでしょう。そこで、早めに業者に修繕依頼することをおすすめします。ひどい場合は治すのに数日掛かることもあるので、その間水道が使えなくなってとても不便ですから。

このことを念頭に置いて、家が建って数年後くらいからは水道部品の劣化について警戒しておくようにしましょう。そして、近隣にすぐ依頼できる業者の確認をしておくことも忘れないようにしてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *