自主的に行うトイレの修理にはセオリーがあります

トイレの調子が悪くなってしまい水漏れを代表とするトラブルが起きている場合は、本来であれば修理会社に依頼をすると当日に直してもらえることが前提です。

一方で人によっては自主的に修理をしようと考える方もいて、トイレのトラブルが水漏れの場合では、ロータンクを開けると判断できる可能性は十分にあります。手順の中にはセオリーというものがあり、最初に行動することは止水栓を閉めて水の流れを止めることです。その上でタンクの蓋を開けるのですが、手洗いが付いているタンクの場合は、少しだけ蓋を開けてみて、給水管を反時計回りに回すと手洗いと分離することができるので、そのまま蓋を持ち上げると簡単に外せます。ロータンク内を点検することになりますが、最初は黒色のゴムで作られている底部のカップの点検が欠かせません。便器内に流れる水は全てこのパーツから流れる仕組みなので、異物が挟まっていないかどうか、密閉できているのかどうかを点検します。

問題がなければ浮き球の点検を行いますが、プラスチック製で丈夫な素材なので破損することは考えにくいものです。ところがアーム部分から接続されているパーツなので、近くの部品と干渉していると正常に作動しないので、この部分も要チェックです。排水レバーから繋がっているボールチェーンのチェックや、満タンにした際の水位をチェックすることもセオリーなので忘れずに点検することは欠かせません。いずれの部品も問題が無いと判断できた場合は、ボールタップの原因が濃厚です。

調節ネジで直せる可能性はあるものの、ボールタップは唯一複雑化した機械なので完璧にトイレ修理をしたい場合は角度調整や方向を曲げてみるなど無駄な作業で試すことなく、新しいボールタップと交換することが正しい判断です。自主的に交換することは不可能ではありませんが、繊細な機械でもあるので腕に自信が無い方は修理会社に依頼することが最善策です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *