トイレの修理は自分でできるのか

毎日使用する私たちの生活になくてはならないトイレ、急にトラブルが起きてしまったら困ります。

水漏れや詰まり、水が流れてこないなど何かしら起こるかもしれません。そんな時に自分で少しでも修理することができたら、不安な気持ちで悩まなくてもよくなります。トイレットペーパーをたくさん使用して詰まってしまった時は、水が溢れてきてしまいそうで焦ります。流れていくと思い、何度もレバーを動かしてしまうとそのうち水が床まで溢れ出してきて、かえって面倒なことになってしまいます。ラバーカップがあれば、便器に隙間を作らないようにして押しつけ、力を込めて引くことを何度か繰り返すと、詰まりが解消していきます。

紙はお湯に溶けやすいので40度くらいのお湯を少し入れて、しばらくしてから流すと詰まりが解消しやすくなります。トイレの水がずっと止まらなくなってしまうトラブルが起こることもあります。しばらく気付かなくて水道代が高額になってしまう場合もあるので、落ち着いて修理をするには止水栓を閉めてからタンクを開けてみます。タンクに溜まった水に浮いている浮き球を確認して、何かに引っ掛かっている場合は手で直します。タンクの奥底の流れていく水を止めるフロート弁が、しっかりと水の出口にはまっているかを確認します。

隙間ができて漏れてしまう場合があるからです。水が流れ出ていたり、詰まってしまうとどうしても焦ってしまいますが、そんな時こそ落ち着いて対処することで自分で解決することができます。パーツが故障してしまったり、部品の交換が必要だったりするときは迷わず専門の業者に連絡することで早期に修理してもらえます。不安な方は無理せず連絡することを、お勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *