トイレのトラブルを修理

トイレのトラブルでは、便器から水があふれそうになるケースがあります。

水があふれる原因は汚物等の詰まりであり、小さな子供がおもちゃを落としてそのままになっていることもあるようです。固形物が見える範囲にある場合には、すぐに取り除くことが可能ですので、まずはそれを除去しましょう。見えない範囲での詰まりには、トイレ用のクリーナーが良く効きます。クリーナーは少し多めに流し込んで、しっかりと放置時間を待つことが大切です。短すぎると溶かすことができません。トイレタンク内に水がたまらない時の修理は、ゴムフロートの交換です。ゴムフロートはしばしば破損しますので、交換すること自体は珍しくありません。手順も複雑ではないため、自力での修理が可能なケースです。

給水管からポタポタと垂れている場合には、まずは接合部分のナットに緩みが無いかを確認します。普段は触れない場所ですのでナットが緩むはずがないと感じてしまいますが、使っていくうちに自然に緩んでいくものです。ナットに問題が無ければ内部のパッキンが劣化しているため、パッキンを交換して修理完了です。他の水場と同じようにパッキンの交換で直せるケースがとても多いので、どの部分にパッキンが入っているのかを知っておくと役立ちます。ウォシュレットからの水漏れでもパッキンが原因です。床からの水漏れは簡単に直せるものではありませんし、専門的な知識が必要となるため、自分で直すのは現実的ではありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *