トイレ修理を始める前に必要な下準備

トイレ修理は、壊れたからといってすぐに取り組むのではいけません。

入念な下準備を怠ってしまうと、さらに被害が大きくなる恐れがあるからです。作業に取りかかる前にまずは状況をしっかりと確認し、快適にこなすことができるようにした準備を忘れずに行うようにしてください。トイレ修理で必要な下準備のひとつとして真っ先に挙げられるのが、水道の元栓を閉めるというものです。というのも作業中にうっかり水が出る箇所に触れてしまうと、勢いよく水が飛び出し床を水浸しにしてしまう可能性が高いからです。あらかじめ元栓を閉めておけば、こうした事態を防ぐことができます。水道の元栓は住宅の外にあることが多く、見つけたら強く力を入れてきっちりと閉めておくようにしましょう。

次にトイレ修理に必要な工具を揃えます。まず各所に設けられている栓を閉めるためのドライバーです。マイナスドライバーがあれば十分に機能するので、サイズが合うものを持っていればそれで対応しても構いません。もしないのであれば別に専用の工具をホームセンターなどを訪れて購入してきてください。作業時には軍手があると便利です。重いものを持ち上げる必要があるため、素手で作業をしていると指先を傷つけてしまう恐れがあるからです。軍手があれば指を挟んでしまっても衝撃を緩和してくれます。この時手のひら側に滑り止めが付いている製品を選ぶようにしてください。通常の布製のものでは滑りやすく、滑り止めが付いた軍手を使うほうが確実に掴むことができるからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *