短時間で高精度なマイクロスコープ歯科治療

最近では治療にマイクロスコープを使う歯科医院が増えています。

理由としては、患者にも、歯科医師にも肉眼よりも利点があるからです。歯の治療を進めるにあたって必要なのは視覚的な判断です。削るか削らないかを判断しながら進めていきます。治療後に虫歯になっている部分が残っていたり、神経が完全に取れていなかった場合、再発や悪化の恐れがあります。歯科医師としては絶対に起きて欲しくない結果です。だから、視覚情報が十分でない場合、安全を考えるとより多くの部分を削ることになります。

そのため、人工的な部分が増えることになります。また、削る量が多ければ治療時間もそれだけ延びることになります。それは患者にとっても負担になります。マイクロスコープを使うと視野を拡大して見ることができます。視覚的な情報量はそれだけ増えます。結果として、削る量が減り、治療時間が短くなります。拡大された歯を観察することで精度の高い治療を行うことができます。歯の神経を取り除く必要がある根管治療でも、しっかりと根管の奥を見ることができるため取り残すおそれが低くなります。

治療中は麻酔を使うため、時間的制約もあります。感覚や経験を頼りに行わなければならない肉眼での治療よりも歯科医師の負担も軽くなります。マイクロスコープなら治療が必要な歯を明るく照らすこともできます。見る方向と同じ軸で照明できるため根管まで見ることができます。患者も歯科医師も安心できるのがマイクロスコープでの治療です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *