精密な歯科治療をサポートするマイクロスコープ

マイクロスコープは治療部位を飛躍的に拡大して見ることができる器機で、最近では歯科治療の現場でも取り入れられるようになってきました。

最初は耳鼻科や眼科、脳神経外科、心臓科などで使用されていて、1990年代に入ってから歯科治療での有効性が認知されるようになってきました。人の肉眼で見える範囲には限界があり、歯科の治療は非常に精密さを要求されるので、マイクロスコープを導入することで精確に治療をおこなうことができます。その結果、治療の成績を格段に向上させることができるのです。

それまでは、目に見えないほどの細かな患部は、熟練の歯科医師の経験と勘に頼らざるを得なかったのですが、目でじっさいに見ることで、ピンポイントで治療をおこなうことができるようになるのです。現在日本では、マイクロスコープの普及率はわずか数パーセント程度でしかないのですが、その理由としては、機器が高価なこと、マイクロスコープでの歯科分野での歴史がまだ浅く、教育の場がそれほど充実していないことなどがあげられます。

高い実用性があっても、それを実際に使いこなすことができなければ、本来の精度の治療を提供することができないからです。マイクロスコープを使っての治療は、数ミクロンまで識別することができるので、画期的な治療となることはたしかです。虫歯治療のみならず、審美治療、歯周再生治療、インプラントなどさまざまな治療で活躍することができます。
歯科医師国家試験対策の塾のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *