歯科におけるマイクロスコープの活用について

マイクロスコープとは分かりやすくいうと高性能の顕微鏡のようなものです。

歯科においてマイクロスコープを活用することで、肉眼では見えづらい細かくてごく初期段階の虫歯や歯の欠損を見つけることができたり、治療中も虫歯の部分だけを的確に削りとることができたりと人の手や肉眼では限界のある部分を技術的にフォローすることが可能になり、歯科治療の幅や技術の精密さという点では広がりが期待できます。また審美歯科の部門では歯の微細な色味の変化や歯並びなどの精査のために重宝されており、一般の歯医者よりも高い確率で導入されています。

スコープを使うことで、虫歯治療においても医師が歯を削って形成する際に虫歯以外の健康な歯の部分を削りすぎてしまうということもなく、肉眼では見えづらい角度や細かさの虫歯を削り残してしまうというリスクも最小限に抑えられます。つまり患者の立場からみても安心でき、最良の治療が可能になります。また医師の高齢化による老眼や疲れ目などにも治療技術が左右されることなく的確な治療を続けていくことにもマイクロスコープは大きな役割を果たすといえます。

しかしマイクロスコープを導入するには多大なコストが必要となり、さらに機器を正しく使いこなし、最大限の能力を引き出す技術を習得するために導入希望の歯科医師は定められた講習を受けて修了することが求められるため、大学病院などでは導入が進められていますが、なかなか一般の歯科には導入されていないのが現状です。より的確で安全性の高い治療を希望するのであればスコープを導入しているクリニックで治療を受けることが望ましいといえます。マイクロスコープを導入している医院はHPなどにその旨が記載してあるので、行く前に調べるか問い合わせをしておくと確実でしょう。
歯科医師国家試験対策の塾のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *