マイクロスコープを使用した歯科治療

虫歯によって歯の神経に達するほど深くまで溶かされてしまうと、もはや、神経への感染は時間の問題となります。

こうなってしまうと痛みが出ますし、急に激痛になったり腫れたりすると言うことが起こります。あまりにも痛みや炎症が強い状態だと、麻酔も効きにくい状況となり、ある程度の時間をおいて神経がおさまってからでないと治療もできない状況になります。炎症を薬などで沈めてから神経を取る歯科治療を行うことになります。この治療にマイクロスコープを使用している歯科医院があります。歯の根の治療は根幹治療と呼ばれています。

この治療が最初にしっかりできるかどうかで歯の寿命は変わってきます。マイクロスコープは治療用の顕微鏡で、術野を大きく明るくすることができます。マイクロスコープを使用することにより根の奥の部分までくまなく洗浄を行うことができ、再び細菌が入り混んだりしないように薬をしっかり詰めることが可能となります。最初の根幹治療をしっかりと行うことはその後の歯の寿命に関わりを持ってきます。歯は治療を繰り返すことで弱くなっていきます。

また神経を抜いてしまった歯はもろくなりますので、治療を繰り返して歯の容積が減ってしまうと折れやすくなります。破折が根の方までヒビとなって入ってしまうとその歯は抜かなくてはならなくなってしまいます。このようなリスクを減らすために、最初の治療は大切になってくるのです。マイクロスコ―プを使った治療は1回の治療に時間がかかり自由診療になってしまうなどのデメリットがありますが、歯は一生ものなのでこの歯科治療を選ぶ患者さんが増えています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *