マイクロスコープを使った歯科治療でより良い治療

歯科医院の治療においては、技術や使われる薬品が進歩を遂げていく中で、治療そのものの精度も医療の提供を受ける側にとっては重要な要素となってきています。

特に歯科における医療は、体の小さな部位である歯を削ったり、そこに詰め物や被せ物を入れたりします。ミリ単位以下の細かい作業となり精密さが欠けているとその隙間から細菌が入り、虫歯が再発してしまいます。マイクロスコープを使用した治療を行うことで、治療の精度は上がりますので精密に虫歯を削ることができ、ぴったりの被せものを制作することができます。このことで虫歯の再発の可能性を下げることができ、結果的に患者さんの負担を減らすことになるのです。

また、マイクロスコープの力は根幹治療でも発揮されます。歯の神経は単純ではなく特に奥歯の場合は植物の根のように歯の中を通っています。マイクロスコープの拡大率は約20倍です。肉眼では見ることの出来ない視野がマイクロスコープのレンズに映し出されます。このことで、正確な診断ができ、更に精密な治療が可能となります。

顕微鏡による治療はどこの歯科医院でもできるわけではありません。まず、歯科用のマイクロスコープを導入してることが第一の条件となりますが、導入には多額の費用がかかることと、それを扱い使いこなすまでには、研修を受けたりトレーニングを積む必要があり、それらの条件が整って初めて自分の歯科医院での導入と言う運びになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *